仲裁および裁判外紛争解決手段

DRRTは、仲裁など裁判以外の手続を利用した紛争解決をクライアントに積極的に助言しています。当事務所はこの分野を継続的にモニタリングしており、ブラジルでのPetrobrasのケースのように、様々な国で紛争解決のために仲裁を用いる例が増える傾向にあります。裁判地選択に関する定款の有効性はデラウェア州などの米国州裁判所で支持されており、さらには米国最高裁判所も、2013年のAmerican Express v. Italian Colors Restaurant判決で、商業契約でのクラス・アクション免除条項の有効性を確認しました。DRRTは、その強力な国際ネットワークと経験を生かして、裁判外での紛争解決手続について助言を行っています。